人生が変わる転機がターニングポイント

人生には、運命の分かれ道となる岐路に立たされることが何度かあります。人生が変わる転機のことをターニングポイントと言います。何時訪れてくるかくるかはなかなか予想がつきません。就職や転勤、結婚といったライフイベントも大きな転機と言えます。待ちに待った転機もありますが、望んでいない方向に向かっているように見える転機もあります。この場合、一見トラブルに思える状態でも転機には変わりないのでそのままにせず良い方向に進めるように努力しましょう。

とはいえ、突然の大きな出来事としてしてやってくる転機には、精神的にも消耗してしまうものでしょう。このようなちょっとマイナス感をもった変化は、それを乗り越えたときには大きな成長をもたらします。そのときにはわからなくても、後から考えてみるとあの時が大きな転機だったんだなと気がつくこともあります。今まで持っていたものを捨てることで新しいものが生まれることがあります。この捨てる行為も転機を作り出すこともあるのです。自分から積極的に転機を作ることも大切なのかもしれません。自分の考えや価値観などを大きく変えるようなきっかけを作ることも大切なのかもしれません。

ずっと同じような生き方はとても楽ですが、マンネリ化することもあります。転機があれば日々が活性化しますし、実は失敗が最高の転機となることも多いのです。失敗したからといって落ち込んでいても何も生まれません。ターニングポイントの数は、人生の密度に比例するかもしれません。濃い毎日を生きていれば転機も多くさらに密度も高くなっていくでしょう。ターニングポイントに恵まれていないと思うのなら、こちらのサイト【http://turningpoint-life.biz】が何かのヒントになるかもしれません。